チャリblog

ケミカルウォッシュブログになりつつあります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

久しぶりに市街まで

抜糸から一週間ちょっとが経ちました。しかし今週は体調が最悪でした。頭は痛いし、全身あちこち凝るし。今回は前回と違って骨やボルトの心配をしなくていい分、余計に体調不良がもどかしく感じます。

で、天気のいい休日ですが、朝からリハビリ行って、それから湯治。

天王寺でツレ数人が集まってカラオケやるとのことなので、ちょっとだけ参加。カラオケの後は奈良まで映画を見に行く予定だったのですが、さすがに今の体調では無理なので帰ってきました。

正直、クロスバイク乗るだけなら、傷口は全然痛くありません。しかしまだ筋肉の一部に感覚が戻ってないので、他の筋肉に余計な力が入ってやたら凝ります。Madone乗れるのもいつのことやら…。

-----------
走行記録

2006/10/7(土)
天気:曇

使用車種:CROOS3200
走行ルート:東大阪市→大阪市→東大阪市
走行距離:18.99km
平均速度:15.1km/h
最高速度:24.1km/h
走行時間:1h15m29s
累計距離:2936.4km(※1)
(※1 2005/3/4~)

コメント:サイクリングには最適の季節なんですけどねえ。
スポンサーサイト
  1. 2006/10/07(土) 23:50:48|
  2. 鎖骨骨折
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

とりあえず湯治

手術から八日が経ち、抜糸しました。これで風呂も酒もOKです。やっと人らしい生活ができます。

前回同様、抜糸直後の記念写真を撮ってみました。例によって気持ちの悪い写真なので、見る方は自己責任でね。こんな感じや、あんな感じでした。

前回の切り口にさらに切り口入れてますね。前回は18針でしたが、今回は13針でした。道理で楽だと思いました。

で、少しくらいならチャリに乗ってもいいと許可をもらったので、近場の温泉まで湯治へ。

しかし傷口は大丈夫でも、体調がヘロヘロです。軽い風邪と軽い二日酔いが一度に来たような感じです。湯疲れしたこともあり、帰ってきたら虫の息でした、ぐう。

-----------
走行記録

2006/9/30(土)
天気:曇時々晴

使用車種:CROOS3200
走行ルート:東大阪市
走行距離:11.18km
平均速度:15.1km/h
最高速度:22.7km/h
走行時間:0h44m29s
累計距離:2917.4km(※1)
(※1 2005/3/4~)

コメント:まず体調をなんとかしないと…。
  1. 2006/09/30(土) 23:30:42|
  2. 鎖骨骨折
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

帰ってきたよー

というわけで、手術も終わって退院してきました。お土産にこんなもんを持たされました。

06092401.jpg

いや、下の500円は持たされてませんが。あくまで比較対象ですが。

いっそこれで本棚でも作ってやろうかしら。

それはさておき、今回の手術は結構あっさり終わりました。が、問題は手術の翌朝。看護婦さんから
「うわ、えらい出血してますよ!」
言われました。

手術当日は絶対安静のため起きあがれません。だから、どれくらい出血してるか全然自覚がありませんでした。

翌朝以降は起きあがってもよいと聞いていたので、とりあえず起きてみました。
「うわー、こぼれてる、こぼれてる!」
なんか看護婦さんが大あわて。

見ると、左肩の巨大ガーゼ(15cm×20cm×1cmくらい)から、のっぺりした血が胸と背中へダラダラと。

ちょっとテンパった看護婦さん二人に囲まれながら、前から後ろから流れ出す血を拭いてもらいました。なかなかに斬新なナースプレイです。

で、ベッドを見ると、シーツもタオルも真っ赤。どうも血抜き用のポートが血管に引っかかり、一晩かけてちょっとづつ出血してたみたいです。おまけに手術時に出た血(ポート経由でパックに入るようになっている)が逆流して吹き出してる
オマケ付き。

医者に真っ赤(本当に見事な赤一色)のガーゼを交換してもらい、出血部をホッチキスでパッチン。と思いきや、見事に失敗。もう一回パッチン。歯ぁ食いしばる方の身にもなって下さい。

幸い輸血はしなくてすみましたが、退院してからも暫くは貧血気味でした。やはり体を切ると、何が起こるか分からんですなあ…。
  1. 2006/09/24(日) 22:31:10|
  2. 鎖骨骨折
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

手術ですよ

ついに鎖骨のボルト&プレート抜く手術の日程が決まりました。結局、八ヶ月以上入れてたことになります。長かった…。

9/19(火)に入院して9/20(水)に手術、退院は9/22(金)か9/23(土)の予定です。こんどは抜くだけの簡単な手術ですが、やはり肩の筋肉を10cm以上は切るので、後に残るダメージはでかそうです。またしばらく、チャリは乗れそうもありません…。

で、今日は手術前の検査のため病院へ。採血したり、心電図取ったり、色々いじくられました。

検査が終わったら昼前。一旦家に戻り、ツレと約束してたスポーツバーに行くことに。が、直前に電話かかってきて「ごめん、店の営業時間変わってて、昼間やってないみたい」。おいおい。

仕方ないので梅田のイングリッシュパブで時間を潰し、万博公園へ。そう、今日は大阪ダービーの日です。去年の教訓もあり、今年はかなり早めにチケット買っておきました。

今年もチケット完売のため、当日券の販売はありませんでした。溢れんばかりのガンバファン……とか思ってたら、カメラの充電し忘れてるし(汗)。というわけで、写真は一枚も撮れませんでした。

まあ、記憶の底から消し去りたいような不甲斐ない試合だったので、構わないっちゃ、構わないんですが。

とりあえず塚田監督には早くやめてもらいたいです。選手に問題あるとはいえ、あの采配はちょっと…。

-----------
走行記録

2006/9/9(土)
天気:曇

使用車種:CROOS3200
走行ルート:東大阪市→八尾市→東大阪市
走行距離:7.33km
平均速度:14.0km/h
最高速度:20.0km/h
走行時間:0h31m36s
累計距離:2883.4km(※1)
(※1 2005/3/4~)

コメント:どっと疲れました。
  1. 2006/09/09(土) 22:32:01|
  2. 鎖骨骨折
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

久しぶりの検査

二ヶ月ぶりに、左鎖骨の検査に行ってきました。二ヶ月前は大事をとってタクシーで通院してたんですが、さすがに今回はチャリで通院。だんだん良くなっていることを実感します。

とりあえずレントゲン撮って、主治医の所に行きました。

主治医:「うん、ほとんどくっついてるね」
nagi:「ホンマですか。」
主治医:「なかなか綺麗に治ってるよ。これなら一年も(ボルト)入れとか無くてよさそうだ。」
nagi:「(本気で一年も入れるつもりだったのか…)いつ頃手術できそうです?」
主治医:「そうやねー、夏の終わりくらいかなあ。次は三ヶ月後(8/10)に来て下さい。それで大丈夫だった、抜きましょう。」
nagi:「(今すぐ抜いて欲しいとは、とても言えそうにないな…)。

と言うわけで、ボルト抜く手術は8月になりそうです。ひどい粉砕骨折だけあって、主治医も慎重です。しかしあれだけ粉々になってたのに(見た目だけは)やけに綺麗に治ってて関心しました。

手術から約四ヶ月半、まあ、大和川くらいなら行っても大丈夫だよね、転倒さえしなければ…。とか思ってたら、この土日はずっと雨だそうです。ギャフン。

-----------
走行記録

2006/5/11(日)
天気:曇

使用車種:CROOS3200
走行ルート:東大阪市→八尾市
走行距離:不明
平均速度:不明
最高速度:不明
走行時間:不明
累計距離:2445.8km(※1)
(※1 2005/3/4~)

コメント:サイコン付けるの忘れてました(ギャフン)。
  1. 2006/05/11(木) 19:58:54|
  2. 鎖骨骨折
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

温泉を求めて

お久しぶりです、最近放置しっぱなしでした。

別に怪我が悪化したとかそういうのではなく、むしろ快復してきたせいで仕事ができるようになり、これまでのしわ寄せが…。しかもタイミング悪く(?)自宅のLinuxサーバがクラッシュして完全にご臨終。ネット環境の再構築でてんやわんやです。そして相変わらず夜は寝返りうつたびに目が覚めて、とっても寝不足。たすけて~。

そんな最近の楽しみといえば、湯治です、温泉です、もうこれしかありません。

まずは1/29に入った音の花温泉

06022201.jpg

近鉄奈良線の生駒駅から、近鉄南生駒線というローカル路線に乗って東山駅へ。駅から歩いてすぐのとこにあるので、怪我人にはありがたいです。

ここはでっかい露天風呂がウリですが、カルキ入れて薄めてたのでちょっとがっかりです。しかし内風呂はカルキも入ってないし源泉っぽかったので、それなりに満足しました。

お次は2/12に入った田辺温泉。ここは以前からちょくちょく利用してます。

06022202.jpg

ナトリウム-塩化物泉ということもあり、傷にとっても効きました。効き過ぎてピリピリ痛いくらいです。

そして平野にあるスクアドラでTREKを物色。

06022203.jpg

常連さんのMadoneが山のようにとめてありました。

06022204.jpg

う~ん、Madoneばっかでクラクラしそうです。店長の許可をもらって触らせてもらいましたが、怪我人の私でも軽々もてるくらいの素晴らしさ。完治したら絶対買うぞ~。

ちなみに店内にTREK5000があったので触らせてもらいましたが、TCTカーボンは意外と重かったです。5000は台湾製のため、純アメリカ産のMadoneと比べたら劣るとは聞いていましたが、確かにそんな感じがしました。店長にも言われましたが、この内容でこの価格はちょっと中途半端な気がします。

という訳で、5000は購入対象から早くも除外。やはりSL5.2かな~。

…Madoneとまでは言わないまでも、せめてママチャリくらいはそろそろ乗れるかなあ。
  1. 2006/02/22(水) 21:33:11|
  2. 鎖骨骨折
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

衝撃のあの日からを…その3

術後一ヶ月が経過しました。肩もかなり軽くなってきました。でも相変わらず睡眠不足です。毎日、眠気覚ましにカフェインの錠剤飲んで仕事やってます。とってもよく効きますが、夜は反動でフラフラです。常用してたら過労で死ねそうです。

それはさておき、前回の続きです。

手術の翌日(12/29)、痛いながらも起きられるようになりました。この日は天皇杯準決勝(セレッソvsエスパルス)があったのですが、なんとか見られました。結果は残念でしたが…。まあ、やっと一年が終わったという感じでした。

さらに翌日(12/30)、立って歩けるようになりました。術後の経過も良かったため、主治医から「退院したかったら退院してもいいですよ。」と言わました。とにかく病院が嫌いなので退院しましたが、看護婦さんに「え?もう帰るの?」とちょっと驚かれました。友人数名がお見舞い(というか冷やかし)に来る予定だったので、急遽自宅に呼び寄せることに。

しかしまあ、とりあえず自宅で年を越せることとなり、ほっとしました。

年が明けた一週間後、患部の抜糸をしてもらいました。妹からは「フランケンみたい」言われました。せっかくだから、記念写真を撮りました。こっそりUPしておきます。あらかじめ言っときますが、見て気持ちのいい写真じゃないです。いや、むしろ気持ち悪いです。それでも見たいという方は、自己責任でどうぞ。

抜糸直後の患部の様子 その1
抜糸直後の患部の様子 その2

定規で測ってみたところ、15cmはありました。さすがにこれだけ切ると、周囲の筋肉にかかる負担が凄いです。そんなこんなで、リハビリに通っている毎日です。

で、肝心のFCR2の様子。

06020103.jpg

左だけでなく、何故か右のエンドバーも大破してました。しかしフレームに大した傷はなかったです。

06020104.jpg

破けてしまったアリオネ。しかも微妙な破け方。これだったら自分でも補修できそうです(貧乏性)。

まあどちらにしろ、乗れるようになったらどっかの店でフルメンテやってもらおうと思ってます。いつになることやら…。

しかしチャリに乗れなくなって一ヶ月、いい加減禁断症状が出てきました。遠出してる夢みたり、新車買う夢見たり。いや、多分完治したら、Madoneかインタマ買ってると思います。以前から(普通の貯金とは別に)コツコツ貯めてたチャリ貯金があるのですが、なにげに50万越えました。

貯金は継続中なので、そのうちコルナゴも射程圏内?あとは度胸の問題です。
  1. 2006/02/01(水) 22:31:47|
  2. 鎖骨骨折
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

衝撃のあの日からを…その2

お久しぶりです、術後三週間ちょっとが経過しました。徐々に左肩に感覚が戻ってきています。

しかし感覚が戻ってくると、逆に痛いです。打撲のようなズキズキした痛みではなく、しもやけの治りかけのような、むず痒い痛みです。おかげで夜が辛いです、全然熟睡できません。仕事してると、傷の痛み以上に睡眠不足がつらいです。

それはさておき、前回の続きです。今回はちょっと痛めの内容なので、そういうのが苦手な方は読まない方がいいかも。

手術の前日(12/27日)、いろいろ準備のため入院しました。検査もいくつか受けました。生理機能の検査では、思いっきり息を吸ったり吐いたりやらされました。骨が砕けてる人間にこんなことやらせていいのだろうか…。

あと麻酔科の先生からも説明を受けました。全身麻酔は覚醒するときに強烈な歯ぎしりを引き起こすので、歯が欠けたり抜けたりすることがあるそうです。その他、麻酔により発生する可能性のある副作用について、蕩々と説明されました。理屈では説明のあった方が良いとは分かっていても、いざやられると嫌なもんです。

しかし検査が終わると、ひたすらヒマです。手術は翌日の午前なので、それまでは無為な時間を過ごしました。

翌日は完全に絶食、絶飲。点滴を注射しながら、手術室まで移動しました。手術室はいわゆるドラマなんかで見たのそのまんまでしたが、なんか気休めに音楽がかかってました。スタッフの人は10人くらいいました。予想以上の多さに、かえってビビりました。

手術台に横たわると、睡眠ガスであっという間に眠らされました。本当に一瞬でした。次に手術室で目を覚ました時には、手術は終わっていました。聞いてはいましたが、尿道に差し込まれたカーテルが一番痛かったです。

で、こんな感じになりました。

06012201.jpg

写真ではどの部分で裂けてるのか分かりづらいですが、ボルトを斜めに刺してるあたりのところで、砕けた小さい骨と裂けた鎖骨の両側とを固定しています。右端の方でプレートが曲がってるのは、他の骨に引っかけて固定するためです。ちなみに、水平以上に左腕を上げようとするとこの部分が外れ、最悪、周囲の骨や肉を突き破って大惨事になるそうです。ひええ。

しかし改めてみると、18針くらい縫ってますね…。こりゃ痛いわ。

術後は絶対安静なのでベッドのまま手術室→レントゲン室→病室へ。このころはまだ麻酔も効いており、肩の感覚はほとんど無かったです。しかし徐々に痛さが増し、痛み止めの点滴を打ってもらいました。栄養剤、抗生物質、痛み止めと点滴しまくりです。夕飯が出ましたが、おにぎりを二つ食べるくらいが限界でした。

夜になると、肩よりむしろその周辺部(首とか左腕とか)の血行が悪くて難儀しました。自分で姿勢を変えることがほとんどできないので、じっとしてるとすぐに痺れて感覚がなくなります。

看護師さんに頼んで、何度も姿勢を変えてもらいました。それでも後で見てみると、何カ所か鬱血してました。今思い出しても、この夜が一番きつかったと思います。

まあそんなこんなで、なんとか手術は終わりました(自分は何もしてないけど)。退院までの様子は、また次回ということで。
  1. 2006/01/22(日) 16:30:24|
  2. 鎖骨骨折
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

衝撃のあの日からを…

術後二週間が経過しました。今週から職場復帰して、ぼちぼち仕事やってます。以前に比べて、体全体の力みがかなり減ってきました。前は患部を庇う自分の力で、コリや筋肉痛(ひどいときには内出血まで)引き起こしてたもんですが…。

しかしまだ左肩には結構な重みがあります。これが消えるまでには、あと一、二週間はかかりそうです。

それはさておき、今更ながらに(反省の意味もこめて)事故のことを振り返ってみようかなどと。そう、あれは昨年の12月23日(金)、葡萄坂のタイムアタックでタイム更新して、へとへとになりながら信貴山のどか村を過ぎたあたりでのことでした…。

信貴山のどか村から広域農道へ抜ける下り坂は広く、交通量も少ないので、いつも50~60km/hくらいで走ってました。この日もそうだったのですが、緩いカーブを抜けた先に小さな雪の塊(多分除雪のあと)がありました。この日は晴れていて雪は完全に溶けているものだと思ってただけに、不意をつかれました。

とっさによけたのですが、どうもその周辺の路面が凍っていたみたいです。ブレーキもハンドル操作もきかなくなり、左側へ転倒しました。

転倒の瞬間のことはよく覚えてないのですが、どうも前のめりになって、左肩→左側頭部の順に地面に激突したようです。そのまま吹っ飛ぶような勢いで前転×2(この時、頭頂を二回モロに打ちました)。そのまま道路左側の草むらへ転がっていきました。

意識ははっきりしてましたが、すぐに立ち上がるのは危険なのでしばらく様子見てました。打撲で痛いのは左肩だけでした。他には左足太ももに肉離れのような痛みと、体中に擦り傷。ヘルメットのおかげで、頭部はかすり傷だけですみました。しかしヘルメットの内側がものの見事に大破。

06011201.jpg


06011202.jpg

これ被ってなかったら、死んでたかもしれません。すごいよSelev!さすがJCA公認!買って二ヶ月もたってないけど、よい買い物した気分です。次買うメットも、MATRIXにしようかと思ってます。

しかしとりあえず立って歩けるし、左腕も痛いけど動くし、そんなに大した怪我じゃないと思ってました(骨折したらこの程度の痛みじゃすまないと思ってたので)。

しかしさすがにチャリ漕いで帰るにはつらい状態だったので、たまたま通りかかった近くの農家のおっちゃんに自宅まで送ってもらいました(チャリまで一緒に)。このご恩は一生忘れません。連絡先を聞いておいたので、術後に改めてお礼&経過報告をしました。

自宅に着く頃には足の痛みはかなり引いていましたが、逆に左肩がどんどんふくらんでいきました。こりゃ相当酷い打撲だと思い、すぐさま救急病院へ。レントゲン撮ったところ…

「ものの見事に鎖骨が裂けてますねー」
「は?」
「こりゃ手術せんと一生くっつかんですわ」
「…えーっと、手術っていつごろ?」
「年内にはしたいですねー。準備もあるし、28日にしましょう」(あっさり)

とりあえず鎖骨バンド(なんとか養成ギブスみたいなの)を両肩に巻き、痛み止めをもらいました。

「あのー、打撲の治療はしなくていいんですか?」
「痛かったら氷でもあてといてください」

それだけですか。

とりあえず手術までは鎖骨バンドあてて安静にする以外ないので、おとなしく自宅療養してました。改めて服を脱いで左肩を見てみると、かさぶたと内出血でかなりスプラッタな肉体でした。見た後の方が数倍痛くなりました。

この頃は左腕を少しでも使おうとすると、砕けた鎖骨の破片が筋肉にあたって痛かったです。よって、ほぼ右腕だけで生活してました。寝たり起きたりの少しの震動でも痛いので、かなり難儀です。でもまあ、手術までの我慢なのでおとなしく三日間をすごしました。

全身麻酔の手術なので、前日の27日に入院しました。生まれての初めての手術にドキドキです。しかし長くなってきたので、なにげに続きます。
  1. 2006/01/12(木) 22:23:06|
  2. 鎖骨骨折
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

仕事始め

今日から仕事です。でも職場に行く前に、まずは病院です。最近こんなんばっかです。

術後一週間が経過し、早くも抜糸してもらいました。しかし骨はボルトで固定されてるものの、周囲の筋肉はまだ結構痛いです(打撲も完全に治ってないし)。

しかしこれで今日から入浴ができます!おまけに酒飲む許可ももらいました!!これで日々の四大快楽(酒、風呂、睡眠、チャリ)のうち、三つが可能となりました。これはでかいです。

で、その後は職場に行き、今後のことを上司と相談。とりあえず来週から無理のない程度に出勤することになりました。急ぎの仕事は他人に押しつけ、家でできる仕事は持ち帰り、次は整骨院へ。

昨日から、整骨院でのリハビリを始めました。まだ患部のリハビリはできませんが、周囲の筋肉(首や肩)が異様にこってます。

なんでも手術した場合、患部が治るのと同時進行で、その周囲の筋肉が悪くなっていくそうです(不自然な負荷がかかるため)。しばらくは毎日15分~20分程、患部周辺のリハビリ(と言っても揉んでもらうだけですが)を行っていく予定です。

しかし運動できないのがとにかく辛いです。素人考えでスクワットくらいならできるだろうと思ってたのですが、実際にやってみると上半身の筋肉にもかなり力が入るため、患部がとっても痛いです。とてもできたもんじゃありませんでした。

焦るとロクなことがないので暫く筋トレは諦めましたが、逆に筋トレができるようになったら、ローラー台を買おうかとか考えてます。

三本ローラーは転倒の危険があるので論外として、固定式のやつを。やっぱミノウラがいいかなー。実際に使ってる方いらっしゃったら、感想とか聞かしてもらえると嬉しいです。
  1. 2006/01/05(木) 23:41:54|
  2. 鎖骨骨折
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

nagi

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

チャリ屋Links

Search

FC2BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。