FC2ブログ

チャリblog

ケミカルウォッシュブログになりつつあります

W杯blog[大会七日目]

<A組第二回戦(第二試合)>
エクアドルvsコスタリカ(3-0)

[エクアドル]
前試合に引き続き、高い身体能力と個人技が爆発しました。南米らしいドリブル突破から果敢なシュート。リズムに乗ると恐ろしいチームだと感じました。問題は次のドイツ戦ですね。

[コスタリカ]
ワンチョペがあまり前を向いてプレーできませんでした。全体的に中盤を支配されることが多く、どこかちぐはぐだったように思います。
特に大きなミスもなかったのに終わってみれば三点差。勝負の恐ろしさを感じました。

[感想]
まさかこれほど早く、Aグループの結果が決まるとは思っていませんでした。エクアドルは確かにいいチームです。しかしイタリアなどの試合巧者と対戦した場合、リズムを崩されて自滅するような危うさも感じます。
どちらにしろ、トーナメントでの戦いぶりが楽しみです。


<B組第二回戦(第一試合)>
イングランドvsトリニダード・トバゴ(2-0)

[イングランド]
やはり攻めの形が今ひとつ見えてきません。あまりにベッカム頼みなので、彼が調子を崩すと強豪相手では勝てそうな気がしません。
怪我から復帰した暴れん坊ルーニーに期待。

[トリニダード・トバゴ]
前半は普通のサッカーをしようとしたため、守備でマークがずれまくって危ないシーンが目立ちました。
後半は前回同様、ガチガチの試合運びでしたが、やはりオフェンス能力の低さが最後まで響きました。

[感想]
トリニダードにしてみれば、あわや二試合連続の勝ち点1かという展開でした。しかしW杯はそこまで甘くありません。最後は地力で勝ったイングランドの順当な勝利でした。


<B組第二回戦(第二試合)>
スウェーデンvsパラグアイ(1-0)

[スウェーデン]
前回同様、攻めているのになかなか点が取れません。しかし統率の効いたラインディフェンスは見事でした。
最後は監督の采配が当たりましたが、もっとはやく先制点をとっていて然るべき試合でした。

[パラグアイ]
相変わらず堅実な守備で、攻めもそれほど悪くありませんでした。しかし突出した能力のいない今のチーム事情を考えると、このへんが限界ではないでしょうか。

[感想]
最後までどっちに転ぶか分からない試合でしたが、内容からいうとスウェーデンの方が勝ってました。次のイングランド戦が楽しみです。
  1. 2006/06/16(金) 14:16:24|
  2. ドイツW杯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<W杯blog[大会八日目] | ホーム | W杯blog[大会六日目]>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nagi17.blog13.fc2.com/tb.php/124-e276144b

nagi

10 | 2019/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

チャリ屋Links

Search

FC2BLOG