FC2ブログ

チャリblog

ケミカルウォッシュブログになりつつあります

W杯blog[大会九日目]

<D組第二回戦(第二試合)>
ポルトガルvsイラン(2-0)

[ポルトガル]
デコとフィーゴの大活躍には痺れました。これならトーナメントも十分に戦って行けそうです。C・ロナウドの意外な初得点も見られましたし、ファンとしては大満足です。

[イラン]
前半はそれ程悪くなかったのですが、不用意なファールでどんどんリズムを狂わせていきました。二点目のPKを与えてしまった時点で、ほとんど試合が終わったという感じでした。
もうちょっと覇気のある試合をしてくれるかと思っていたんですが…。

[感想]
順当に予選突破を果たしたポルトガル。次は強豪メキシコとの戦いです。逆にイランは、せめて一勝はしてもらいたいですね。

<E組第二回戦(第一試合)>
チェコvsガーナ(0-2)

[チェコ]
考え得る限り、最悪の試合展開だったと思います。早い時間帯での失点、攻撃リズムの狂い、コラーの欠場。全てが悪い方向に向いてしまいました。
ネドベドあたりが中盤でタメを作ろうとしても、ことごとくボールを取られてました。追う立場でありながら、守るのが精一杯という屈辱的な内容でした。

[ガーナ]
やはりアフリカ勢をリズムに乗せると怖いです。先制しても引くことなく、常に前を向く姿勢を崩しませんでした。
特にチェコ相手に一対一の局面でほとんど勝っていたのは、驚愕に値しました。

[感想]
トリニダード・トバゴに続くサプライズが起きた試合でした。チェコ相手にこれほどの戦いが出来るとは、誰が想像したでしょうか。
ガーナの次の対戦相手は欠場者の多いアメリカなだけに、予選突破の可能性も十分に出てきました。


<E組第二回戦(第二試合)>
イタリアvsアメリカ(1-1)

[イタリア]
まずデロッシの反則、あれは酷すぎます。W杯追放という噂も流れてますが、文句は言えないと思います。
チームとしては、試合開始直後は攻撃的な布陣でゲームを支配してました。が、試合が荒れ出してからは、どっちが一人足りないのか分からない内容でした。交代で入ってきたデルピエロだけが一条の光でした。

[アメリカ]
ラッキーなオウンゴールで波に乗るかと思いきや、直後のカード連発でどうしようもない状態になりました。しかし9人になってからは意外と早く冷静さを取り戻し、よく攻めてよく守ってました。十分に次に繋がる内容だったと思います。

[感想]
審判がカード出し過ぎです。あれでは試合になりません。
しかし、いよいよ死のグループらしくなってきたE組。ここは本当にどこが抜けるか最後まで分かりません。次節出場停止選手の多いイタリア、アメリカはやはり不利でしょうか?
  1. 2006/06/18(日) 13:57:19|
  2. ドイツW杯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<W杯blog[閑話休題] | ホーム | W杯blog[大会八日目]>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nagi17.blog13.fc2.com/tb.php/126-4535fc85

nagi

10 | 2019/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

チャリ屋Links

Search

FC2BLOG