FC2ブログ

チャリblog

ケミカルウォッシュブログになりつつあります

W杯blog[大会十六日目]

<トーナメント第一回戦(第一試合)>
ドイツvsスウェーデン(2-0)

[ドイツ]
全ての選手が高いパフォーマンス出してました。クローゼもバラックもキレキレです。
W杯では、いかに上手い選手を揃えるかより、いかに調子のいい選手を揃えるかのほうが遙かに重要です。そのお手本のような試合でした。

[スウェーデン]
立ち上がりはクローゼを気にしすぎて、守備の体制が整っていませんでした。しかもピンポイントをにそこを突かれて二失点。
その後は退場者が出たり、ラーションがPK外したり、全てが悪い方向に流れてしまいました。しかし好調のシェルストロームを引っ込めたのは納得いきませんでした。

[感想]
ラーションがPK外した時点で、勝負はほぼ決まってしまいました。
イブラヒモビッチの惜しいシュートもありましたが、全体的にはドイツの圧勝。ホームの有利さを生かした、チーム+サポーターの勝利だと思います。
ただ個人的には、ラーションの最後の花道がこんな形で終わってしまったのが非常に残念です…。


<トーナメント第一回戦(第二試合)>
アルゼンチンvsメキシコ(2-1)

[アルゼンチン]
先取点を取られても、その爆発的な攻撃力であっというまに追いつく。このへんはさすがアルゼンチンです。
しかし同点になってからは一転して慎重に。特に後半はメキシコの細かいパス回しのせいで、攻めのリズムをなかなか作れませんでした。
選手交代も決定的な打開策にならなかっただけに、延長でのスーパーゴールは儲けモンというしかないでしょう。

[メキシコ]
これまでで最高のパス回しを披露してました。先取点も取ったし、勝っても全然おかしくない試合内容でした。
ただ、やはりアルゼンチンの守備は固いです。どれだけパスを回しても、フィニッシュのところでマークが外れません。怪我から復帰したボルヘッティもなかなかいい動きしてましたが、やはり決定的なチャンスが少なすぎました。

[感想]
どちらもW杯常連国でありながら、意外にもW杯では初対戦。さすがに手の内を知り尽くしているだけあって、探り合いの連続。とても緊張感のある試合でした。
これまで楽勝ペースで予選を突破してきたアルゼンチンにとっては、初めての厳しい試合だったと思います。
逆にメキシコにしてみれば、一回戦でアルゼンチンに当たったのが不運でした。十分にベスト4を狙えるチームだっただけに、残念です。
  1. 2006/06/25(日) 22:16:37|
  2. ドイツW杯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<W杯blog[大会十七日目] | ホーム | W杯blog[大会十五日目]>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nagi17.blog13.fc2.com/tb.php/134-5155d434

nagi

10 | 2019/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

チャリ屋Links

Search

FC2BLOG