FC2ブログ

チャリblog

ケミカルウォッシュブログになりつつあります

W杯blog[大会十八日目]

<トーナメント第一回戦(第五試合)>
イタリアvsオーストラリア(1-0)

[イタリア]
もう完全に昔のイタリアに戻ってます。まさかオーストラリア相手にここまで手堅いサッカーしてくるとは思いませんでした。
おまけに後半に退場者が出ると、完全なカウンターサッカー一本。しかしそれでもPK一本で勝ってしまう実力&運の強さはさすがです。

[オーストラリア]
イタリア相手に失点することはほぼ死を意味するだけあって、やけに慎重な試合運びでした。
しかし後半にイタリアが一人減ると急に攻勢に。このへんの切り替えはさすがでしたが、攻めないイタリアは10人でも11人でもあまり変わらないという事実がはっきりしただけでした。

[感想]
ただでさえつまらない試合が、主審のせいでさらにつまらなくなりました。今大会、こういうの多すぎ。
オーストラリアにしてみれば理想的な試合運びであっただけに、悔やんでも悔やみきれないでしょう。

<トーナメント第一回戦(第六試合)>
スイスvsウクライナ(0-0 PK0-3)

[スイス]
さすがにトーナメントだけあって、これまでのように勢いに任せた攻めは少なかったです。
ただ、慎重になりすぎたせいか攻撃が単調になったのもまた事実。中盤で競り勝っても、その先が続きません。結果、試合の大半を中盤だけでやってました。
最後のPK戦は、やはり若さというやつでしょうか。二年後のユーロに期待です。

[ウクライナ]
シェフチェンコが押さえられる場面が多く、攻撃の組み立てがうまく行きませんでした。全体的に下がり気味でしたが、スイスの攻めもそれほど厳しくなかったので助けられた感じです。
最後はなんとかPK戦で勝てましたが、やはりベスト8の中では1ランク実力が劣ってると思います。

[感想]
今大会でも屈指のクリーンで爽やかな試合でした。玉際のせめぎ合いが激しいにもかかわらず、ファールがほとんどない。どちらも実力が拮抗してるだけに、見応えがありました。
結果論ではありますが、スイスは予選のときのような勢いに任せたサッカーをすべきだったと思います。上手く立ち回れる器用さは、まだこのチームにはないと感じました。
  1. 2006/06/27(火) 22:47:13|
  2. ドイツW杯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<W杯blog[大会十九日目] | ホーム | W杯blog[大会十七日目]>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nagi17.blog13.fc2.com/tb.php/136-95ebf4a8

nagi

10 | 2019/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

チャリ屋Links

Search

FC2BLOG