チャリblog

ケミカルウォッシュブログになりつつあります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

W杯blog[大会十九日目]

<トーナメント第一回戦(第七試合)>
ブラジルvsガーナ(3-0)

[ブラジル]
前回の日本戦で復調したと言われているロナウドが、歴史的な通算15ゴール目をあげました。
が、チーム全体としてはガーナに攻め込まれてばかり。最終ラインでの堅牢さのおかげで無失点で終わりましたが、リズムに乗った攻撃がほとんど見られませんでした。

[ガーナ]
いきなり先制点を取られたものの、その後は落ち着いてバランスよく攻撃してました。運動量ではブラジルを圧倒してましたが、フィニッシュの精度が悪すぎました。
正直、いい時間帯に一点が入っていれば十分に引き分け(PK戦)のチャンスはあったと思います。また、最後まで下を向かない姿勢はさすがアフリカ勢だと感じました。

[感想]
点差だけみればブラジルの圧勝ですが、ガーナにもチャンスは充分ありました。結局のところ、フィニッシュの精度と個人技だけで差がついた試合でした。
ブラジルはロナウジーニョがいい仕事してないので、チームとしての調子もなかなか上がりません。まあ、それでも勝つのがブラジルですが。


<トーナメント第一回戦(第八試合)>
スペインvsフランス(1-3)

[スペイン]
PKで先制したものの、同点に追いつかれてからは攻撃の形を全然作れませんでした。まるで別のチームになってしまったかのような不甲斐なさでした。
地力ではフランスを上回っていただけに、なにが敗因なのか理解できませんでした。

[フランス]
どこまでもジダンのチームであることをまたも証明しました。フリーキックや最後のシュートだけでなく、中盤を支配する司令塔としの役割が素晴らしいです。
はっきり言ってジダンのようなトップ下での司令塔は、現代サッカーでは異質な存在です。それでも周囲が彼を中心としたプレイスタイルを熟知しているため、非常にチームとしてまとまっていました。

[感想]
またまたまたまた期待を裏切ってくれたスペイン。もはやW杯では常習犯です。
これだけのタレントを揃えていながら、なぜ最後のつめができないのでしょうか。言いたくはないですが、メンタリティの弱さでしょうかねえ…。
逆にフランスはどんどん調子をあげてきました。ベテランが多いくせに、運動量で全然負けてません。なにより、勝とうという気迫がうまく結果につながってます。
全てが空周りしてた前大会が嘘のようです。
  1. 2006/06/28(水) 22:24:13|
  2. ドイツW杯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<W杯blog[大会二十日目] | ホーム | W杯blog[大会十八日目]>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nagi17.blog13.fc2.com/tb.php/137-e225dabc

nagi

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

チャリ屋Links

Search

FC2BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。