FC2ブログ

チャリblog

ケミカルウォッシュブログになりつつあります

W杯blog[大会二十日目]

<トーナメント第二回戦(第一試合)>
ドイツvsアルゼンチン(1-1 PK4-2)

[ドイツ]
最初の15分程は攻め込まれてましたが、その後は攻撃的なアルゼンチンを上手く押さえてました。
先に先制点を取られましたが、その後はアルゼンチンが引き気味になったため、逆にやりやすかったと思います。
しかしあの状況で焦らず、虎視眈々と一点を狙う精神力の強さはさすがです。

[アルゼンチン]
慎重な試合運びと先制点で、途中まではほぼ完全な試合運びでした。が、その後が消極的になりすぎました。自慢の攻撃力が機能せず、逆にドイツのリズムになってしまいました。
また、アボンダンシエリの負傷交代によりゲームプランが狂ったのが最後まで響きました。

[感想]
追い込まれれば追い込まれる程強くなる、ゲルマン魂の本領発揮でした。また、PK戦はやはりホームが有利ですねえ。
アルゼンチンは、これまでのような爆発的な攻撃力が影をひそめていました。アボンダンシエリで交代枠を一つ消費しただけに、メッシなどの攻撃的な選手交代ができなかったのが悔やまれるところでしょう。


<トーナメント第二回戦(第二試合)>
イタリアvsウクライナ(3-0)

[イタリア]
チキンと言われようがなんと言われようが、とにかく堅いですねえ。ここまでくるとさすがに関心します。また、ウクライナの守備があまり良くなかったこともあり、カウンターもうまく決まりました。イタリアにしてみれば、これ以上ない理想的な試合だったでしょう。
しかし対戦相手に恵まれてるなあ、ここ…。

[ウクライナ]
やはりイタリアの守備を崩すには荷が重すぎました。いくらボールを奪っても、ゴール前まで来ると足が止まってしまいます。そしてボールを回しているウチに、取られたり、苦し紛れのシュート打ったり。
シェフチェンコが良い動きで何度かチャンスを作っていましたが、さすがに限界がありました。

[感想]
はっきりと地力の差が出た試合だと思います。特にウクライナはあっさり点を取られすぎです。攻撃のリズムに入っているときの守備の意識が甘すぎると感じました。
逆にイタリアはどんどん堅くなっていってます。しかしここまではほとんどが格下相手。次のドイツ戦が、最大の勝負どころでしょう。
  1. 2006/07/01(土) 22:06:36|
  2. ドイツW杯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<W杯blog[大会二十一日目] | ホーム | W杯blog[大会十九日目]>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nagi17.blog13.fc2.com/tb.php/138-ca978364

nagi

10 | 2019/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

チャリ屋Links

Search

FC2BLOG