チャリblog

ケミカルウォッシュブログになりつつあります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

富士山国際ヒルクライム

結論から言うと、これまで参加したどの大会よりも
きつかったです。大台ヶ原が生やさしく思える
くらいでした…。



今回、チームで出るのは自分一人(主将は実業団チーム
で参加)なので、Mt.富士に参加するN本さんの車に
同乗させてもらいました。

朝7時に大阪を出発して、東名を走って御殿場へ。
須走近くのホテルに到着するも、すごい怪しい雲行き。
受け付け会場までは2キロほどなので、徒歩で会場まで
行きました。

しかし先週の高取よりは体調良くなってるものの、
鼻も喉もすっきりしません。19時半にぐったり就寝。
朝になったら回復してるといいけど…。

画像-0297

翌日、朝5時半に起床。体調は微妙。アップしてると、
ちょっと喉が痛くなってきました。今回も調整に失敗かあ。
でもモチベーションは高いので、えっちらおっちら
アップを続けます。

スタート地点ではまっすん主将と歓談。
しかしその他には知り合いが一人もおらず。
やはり関西の人少ないな~。

荷物預かりは自衛隊のトラックでした。

画像-0298

つかこの大会、スタッフの半分くらいが自衛官で、
えらく物々しいんですが。あくまで想像ですが、

Mt.富士=明るい雰囲気、いろんなレベルの参加者、
     イベント盛りだくさん
富士国際=殺伐とした雰囲気、坂バカばっか、
     結果が全て

といった感じでしょうか(言い過ぎ)

さて実業団BR、ERに続いて自分の組がスタート。
今回は、試走無しのぶっつけ本番です。
事前にチェックした勾配表だけが頼りです。

まず序盤はひたすらまっすぐの道。平坦路を
走ってるように錯覚しますが、徐々に勾配が
上がり、ふと横を見ると「12%」の看板が。
どおりで進まないと思った…。

12%区間をすぎると勾配が緩くなり、
5~7%程度の得意なコースレイアウト。
しかし後半のことを考え、ここはぐっと我慢。
ひたすら足をためて登ります。

そして6kmあたりから、とうとう激坂区間の
始まりです。まず13%~20%が2.5キロ続きます。
つまり13%を下回ることがほとんどありません。
しかもアスファルトが穴だらけで、結構な悪路。

ここまで足を貯めてたことと、34-28の軽軽仕様
なので、最初のうちはシッティングだけでこなせました。
が、徐々にダンシングが増え、最後は蛇行。

しかし気がつけば周りの人もみんな蛇行。
真っ直ぐな道が多いので、顔を上げれば
うねうねしてる人が5、6人は見えます。
ちょっと普通のレースではお目にかかれない光景でした。

一番きつい2.5キロ乗り切った辺りで、
給水ポイント。水を頭から被って気合い入れました。
ここから先は、5%前後の緩い区間と20%前後の
キツイ区間とが交互に繰り返されます。

緩い区間で足を休められるとはいえ、既に
余裕が全くない状態。キツイ区間が来る度に、
足を付かないように四苦八苦。油断すると
前輪が浮くので、這いつくばるように走ります。

ここまで来ると、実業団の人でも降りて
押してる人がチラホラ。
押してる人の会話が聞こえてきました。

「去年何分くらいでした?」
「76分くらいです」
「私は77分くらいでした」

え?押してるのにそんなタイムで登れるの?
と思って自分のメーター見たら6km/hでした。
なるほど、歩いても大差ない訳だ…。

その後はダンシングを多用したい誘惑にかられ
ながらも、乳酸が溜まるのが怖いのでシッティング
メイン。心拍が180を超えないようにして、
ひたすら我慢の登坂。

そしてなんとか残り1キロまで到達。
勾配図ではここから楽だった気がするので、
ダンシングを多用してラストスパート。
なんとか最後まで脚も心肺ももってくれましたが、
タイムは68分台という平凡な結果…。

やはり途中でペースを落としすぎたかなあ、
という気持ちと、いやいや、あれがなかったら
足付いてた可能性も、という気持ちとが
入り交じりました。

レース後はまた喉が痛くなって寒気してきたので、
大急ぎで補給。しいたけ茶を何杯もおかわりし、
羊羹、ソフトクリーム、ぜんざいと、甘いモノを
ひたすら食べました。

画像-0299

実業団TRがゴールするころにはなんとか回復。
例によって野寺さんはゴール手前でウイリーを
披露してくれました。まっすん主将もゴール。

画像-0305

下山後は自走で龍坂峠を越え、富士吉田で
N本さんと合流。途中で富士山が見えました。
今回、始めて見る富士山でした。

画像-0315

温泉入って汗を流し、16時に出発。
中央道経由で帰ったので、渋滞にも巻き込まれず
22時過ぎには帰宅できました。

そんなこんなで春レースを締めくくる富士国際が
終わりましたが、なんかシーズンが進むにつれ
調子を落としてるような気がします。

夏レースはちょっとペースを落とそうかと
思ってます。もっと練習に集中したい!
あと、あざみラインはもう二度と登りたくないです。
  1. 2010/06/07(月) 21:44:58|
  2. 走行記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<富士国際のリザルトとか | ホーム | 今後の予定>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nagi17.blog13.fc2.com/tb.php/571-a8b250c3

nagi

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

チャリ屋Links

Search

FC2BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。