チャリblog

ケミカルウォッシュブログになりつつあります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

それはチャリblogが出来る前のこと…その3

前回の記事はこちらです。北海道チャリ観光の三回目です。今回の話は釧路湿原です。

<この日の予定>
中標津→(バス)→標茶→(列車)→塘路→コッタロ湿原展望台→塘路→(列車)→釧路湿原駅

結局、中標津ではチャリを借りることはできませんでした。また、天気も悪かったので、開陽台に行くのは見送ることにしました。いつか自分のチャリでリベンジしてやると心に誓いながら、バスに乗り込みました。

05110101.jpg

開陽台に寄らない分、予定よりも早めに標茶に着きました。標茶で昼食をすませ、釧網本線に乗って塘路へ。しかしこの釧網本線、何度乗っても飽きません。冬季限定のSLに乗ったこともあるのですが、あの黒光りするボディには心が躍りました。外は氷点下だってのに、連結部から体乗り出して「メーテルーーー!!」とか…やるよね~(やりません)。

05110102.jpg

さて塘路に到着したところで、駅前でレンタサイクルを借りました。この辺りはダートが多いので、ちゃんとマウンテンバイクを貸してくれます。どこかの観光に力入れてない南の島とはえらい違いです。

05110103.jpg

とりあえず塘路湖の周辺を散策。綺麗な湖です。

05110104.jpg

次はコッタロ湿原展望台に向かうことにしました。塘路駅から9kmくらいです。ただしそのうち8kmはダートです。ダートの入り口で写真撮ってると…謎のチャリ集団が!

05110105.jpg

10人くらいいます。しかしなぜ国旗?走りにくくないですか?

実はこの集団、以前にウトロと標茶でも見かけました。ちょっとした町の話題になってました。まあ、あれだけ目立つ格好して北海道走り回ってりゃねえ。

05110106.jpg

さて、とってもダートな道道1060号に入ります。車が通過すると砂埃がすごいです。道のすぐ外が湿原なので、いろいろ眺めながらゆるゆると走りました。まさに大自然サイクリング。

05110108.jpg

ダートが途切れたところで、展望台の麓に到着しました。ここから少し階段を上ります。

05110109.jpg

すごい眺めです。とても日本とは思えません。

05110110.jpg

ちなみに↑がコッタロ湿原で、↓が釧路湿原です。一応区別されてます。

05110111.jpg

さっき走ってた道が見えます。にしても、雄大です。都会育ちには刺激が強すぎます。

ここはもう本当に、これまで行った観光地の中でも一、二を争うお気に入りの場所になりました。釧路に移住しようかと、本気で考えたくらいです。

あまりに気持ちいいのでのんびりしすぎ、列車の時刻がギリギリです。ダートを大急ぎで駆け抜けます。

05110112.jpg

塘路駅に戻りました。バスツアーの人がいっぱいです。目当ては、期間限定で釧網本線を走るノロッコ列車のようです。

05110113.jpg

しかし冷静に考えると、列車に乗るためにバスツアーで来るって、なんかアレですね。でも仕方ないんです、それくらい釧網本線は不便なんです!

よく田舎では早朝と夕方(通勤時間帯)しか列車がないというのを聞きますが、この規模(網走~釧路は約170km)でやられるとさすがに笑えます。でかい、でかいよ北海道(いろんな意味で)。

で、ノロッコ列車にのろのろゆられながら、釧路湿原観光。列車の右手に、湿原が見えます。

05110114.jpg

でもすぐに釧路湿原駅に到着。いいんです、列車からではなく、展望台から湿原を見たいんです。ちなみに釧路湿原駅は湿原観光のためだけに最近出来た駅です。よって駅前はただの森です。

05110115.jpg

しかし細木展望台のすぐ側にあるので、とても便利です。

05110116.jpg

細木展望台からの釧路湿原の眺めです。一番メジャーな眺めですね。晴れてたら夕陽が見られるのに、残念です。

この日は釧路湿原駅で(多分)唯一の宿である民宿のーむに泊まりました。民宿とはいいながらも、ほとんどユースホステルです。宿の窓から釧路湿原が見られます。でも客は私一人で、夜になると暗くて静かでとにかく不気味。外を眺めても、人工の光などまったくありません。大自然の暗黒を堪能しながら眠りました。ちなみに食事は最低でした。

最後におまけとして、次の日に恩根内ビジターセンター(釧路湿原の西側)で散策した釧路湿原の眺めをご紹介します。

05110117.jpg

全長約3kmの遊歩道が造られており、湿原の中を歩けます。日本でこれだけ雄大な眺めを楽しめる遊歩道はそうそう無いと思います。

05110118.jpg

恩根内の近くにも展望台があるのですが、あまり眺めはよくありません(しかも有料)。釧路湿原西側に行くなら、展望台より湿原の散策の方が絶対オススメです。

そんなこんなで、チャリにはちょっとしか乗れなかった北海道旅行でしたが、相変わらず北海道は素晴らしいと感じました。特に知床&釧路湿原はオススメです。でも知床はタダでさえ人が増えたので、オススメだけどあんまり行って欲しくないです(身勝手)。

今年の冬も北海道行きたいな~。

-----------
走行記録

2004/07/14(水)
天気:曇時々晴

使用車種:塘路のレンタサイクル
走行ルート:塘路→塘路湖→コッタロ湿原展望台→塘路
走行距離:25km程
平均速度:ダートは苦手
最高速度:さすがにママチャリよりは速い
走行時間:一時間半くらい

コメント:次は自分のチャリで走りたいです。
  1. 2005/11/01(火) 23:26:39|
  2. それはチャリblogが出来る前のこと
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<スプロケとか天皇杯とか | ホーム | セレッソ正念場>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nagi17.blog13.fc2.com/tb.php/59-74902b1c

2005.6.16 両手に海!!そして、生まれて初めての…

畳に布団でぐっすり眠ったせいか、あ~、すっきり今日こそ、中標津の開陽台に行くぞぉ~張り切って出発~国道335号をず~っと南下。ちょっと霧っぽいなぁ…大丈夫かぁ?…などと思いつつ進んでいると、すぐに標津町へ。開陽台に直行!といきたいと....
  1. 2006/01/19(木) 18:08:06 |
  2. 17日間で北海道一周! 女の一人旅 ~グリーンツーリズム編~

nagi

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

チャリ屋Links

Search

FC2BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。